電源の反転など、ElectronicsWorkbenchでの作業中によくある間違いはほとんどありません。

電源の反転など、ElectronicsWorkbenchでの作業中によくある間違いはほとんどありません。

あなたが電子工学の愛好家であろうと、学術プロジェクトを行っている間であろうと、あなたは 電子回路 はんだごてなどとその過程で、あなたはあなたにいくらかの損失を引き起こしたかもしれない少なくともいくつかの間違いをしたに違いありません。だから、ここで私はあなたが回路を扱うときに注意する必要があるいくつかの間違いをリストしています。

私は通常、自由な時間を電子設計について学生を訓練することに費やし、また彼らが彼らのプロジェクトを行うのを手伝っています。これは私が通常週末を過ごす方法です。約50人をトレーニングした後、ワークステーションの回路を操作しているときに、最初は多くの人(私を含む)が同じ間違いを犯していることがわかりました。そのため、この記事では、次回作業するときに注意することを期待して、頻繁に発生する間違いをリストしました。




電子機器ベンチでの作業中によくある間違いが発生します:

1.電池の取り付け

電池の取り付け



バッテリーは、私たちのほとんどにとって最も一般的な電源です。 エレクトロニクスプロジェクト 。多くのプロジェクトでは、AC電源をDC電源に変換する複雑な方法を使用するよりも、バッテリーをDC電源として使用する方が好まれます。多くの人が、何をしたのか気づかずに、ふざけてバッテリーに正面から参加するのを見てきました。 2つのPP3電池を人に渡してしばらく置いておくと、対称的な性質があるため、おそらく彼はそれらを結合することに好奇心を抱くでしょう。しかし、決してそれをしないでください!それはあなたのバッテリーを損傷する可能性があります。

2.ワイヤージョイントを開いたままにする

ワイヤージョイントを開いたままにする

ワイヤージョイントを開いたままにする



電線の接合部を開いたままにしておくと、短絡が発生する可能性があり、その結果は非常に危険です。短絡につながる可能性があり、回路に損傷を与えるだけでなく、大災害につながることもあります。短絡がどれほど悲惨なものになるかを言う必要はありません。また、覆われていないワイヤージョイントを素手で持っていると、電流が体に流れる可能性があり(体は完全導体であることを忘れないでください)、感電する危険があります。そのため、開いているジョイントは常に絶縁テープで覆ってください。もう1つのヒントは、ショートする可能性を減らすために、ジョイントの長さを等しくしないことです。

3.はんだごての置き忘れ

はんだごての置き忘れ。

はんだごての置き忘れ。

はんだごての置き忘れは、大きなダメージを与える可能性があります。誤って回路や配線の横に置くと、配線がショートしたり、回路が焼けたりすることがあります。はんだは実際には溶融金属であり、誤ってワイヤに接続すると、ワイヤが短絡したり、高温の溶融金属が回路を焼損したりする可能性があります。良いはんだごてスタンドを使用することを強くお勧めします。スタンドにアイロンを置くことを忘れないでください。また、はんだごての先端を素手で持たないでください。



4.同じ場所での長時間のはんだ付け

1本のピンを長時間はんだ付けしないでください。コンポーネントが過熱し、焼損する可能性があります。また、回路を見栄えよくするために、はんだが近くの場所、つまりPCBの他の穴に広がらないように、ピンを効果的にはんだ付けすることを忘れないでください。接合部がはんだ付けされていないと感じた場合は、フラックスを塗布してみてください。感熱部品をはんだ付けする場合は、ソケットを使用することをお勧めします。直接はんだ付けする必要がある場合は、はんだ付けポイントにヒートシンクを使用して、熱がすばやく放散され、コンポーネントが過熱しないようにします。シンプルなクロコダイルクリップはヒートシンクとしても機能します。


はんだ付けについてのアイデアを得るために、良いはんだ付け方法を実践する方法の投稿を読んでください。

5.電源の極性を逆にする

電源の極性を逆にする

電源の極性を逆にする

私たちのほとんどは、少なくとも一度は間違った極性で電源を適用した可能性があります。これにより、回路が損傷する場合があります。これを避けるために、電源の接続には図に示すようにバーグスティックの代わりにElementsを使用し、バッテリーにはナップを使用することをお勧めします。逆極性が適用されたときに回路を損傷から保護するために、ソースピンに接続された逆バイアスで十分な電力定格のダイオードを使用できます。

6.充電された手でCMOSICに触れる

充電した手でCMOSICに触れる

充電した手でCMOSICに触れる

CMOS ICは、静電荷に非常に敏感です。静電気を加えると破損する場合があります。私たちの手は通常、衣服などの他の素材でこすられると充電されます。帯電した手でCMOSICに触れると、手が導体になり、静電気が体を通過するため、ICが損傷する可能性があります。そのため、次回CMOS ICに触れるときは、まず鉄のテーブルの脚などの接地された金属に触れて、静電気を放電することをお勧めします。最近、一部のICには静電気に対する保護機能が組み込まれていますが、それでも、身体に蓄積される静電気が信じられないほど高くなる可能性があるため、触れる前に手をアースすることをお勧めします。

7.レバーを使用せずにソケットからICを取り外す

レバーを使わずにソケットからICを取り外す

レバーを使わずにソケットからICを取り外す

手でソケットからICを取り外すと、ピンが曲がったり折れたりする可能性があります。 ICを外したい場合は、図のようにドライバーなどのレバーを使用することをお勧めします。可能な場合は他の高度なツールを使用できますが、ICを手で引っ張らないでください。

8.ソケットを使用せずにICをはんだ付けする

ICを手ではんだ付けすることは良い習慣ではありません。長時間はんだ付けすると、過熱によりICが破損する恐れがあります。そのため、まずICソケットをはんだ付けし、ソケットが冷えてからICを挿入します。発生する可能性のあるもう1つの間違いは、ICがソケットに挿入されたときにソケットをはんだ付けすることです。その場合、ソケットは目的を解決しません。最初に空のソケットをはんだ付けし、はんだ付け後にICを挿入する必要があります。したがって、ソケットを使用せずに、ICを回路基板に直接はんだ付けしないでください。

よくある間違いについて考えている必要があるので、回路基板を準備するときは、このことを忘れないでください。他の提案は追加を歓迎します。